歳s[saiz]_WOMEN 〜女の○○歳 | INTERIOR ANGLES 〜インテリアの殿堂 

2008年07月23日

10年をこえる逃亡の果てに捕まった63歳



戦犯として旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷(以下ICTY)から指名手配されていたボスニアのセルビア系元政治家、詩人、精神科医、ラドバン・カラジッチが逮捕された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ラドヴァン・カラジッチ

映画やドキュメンタリーにもなった世界でも有名な戦犯は、セルビアの首都ベオグラードでなんら隠れることなく公然と生活していた。
ただ、その変装というよりも変身はヒゲと髪型を変えただけなのに完璧だった(リンク先拡大写真参照)。


[関連リンク]


カラジッチの逮捕に奔走するICTYの検事カルラ・デル・ポンテを追ったドキュメンタリー映画。
21世紀になっても世界のどこかで絶える事のない戦争、紛争。そして、そこで起きた集団虐殺や人道に対する犯罪など戦争犯罪を裁く国際法廷を世界は望んでいた。アムネスティ・インターナショナルなどの国際NGOによる国連や各国政府への働きかけもあり2002年オランダハーグに国際刑事裁判所(ICC)が設立される。 ICCの設立は人類の課題である「武力の支配する世界から、法の支配する国際社会」を実現するための第一歩である。『カルラのリスト』は、ICC設立にいたるまでに作られた旧ユーゴ国際刑事法廷で働く、国連検察官カルラ・デル・ポンテの活動を世界で始めて国際法廷にカメラが入った密着ドキュメント。ぴあ映画満足度ランキング1位!!(「ぴあ」2007 年11月25日号掲載) ぴあ映画年間満足度ランキング10位!!(2007年度) ■コメント『この映画は、国際的活動の難しさとか、権力者による犯罪告発映画と言うより、人類の限りない愚かさを告白する映画である』 さいとうたかを(漫画家) 『今後地球の秩序を維持するために不可欠な国際犯罪法廷。その存続のために各国の協力がいかに重要か、この映画を観ると痛感します。この実情を知ることは一人ひとりの義務だと思います』ピーター・バラカン(ブロードキャスター)『女性パワーを見せつける作品だ。武力ではなく法が支配する国際社会の実現は、人類の理想であり、それへ向かっ私たちは一歩を踏み出したばかりだが、それはひとりの女性の驚くべき活躍で促された。胸を揺さぶられる感動!!』 浅井信雄(国際政治学者)」(Amazon.co.jp)

The Hunting Party (2007)
逃亡するカラジッチを追うジャーナリストを描いたアメリカ映画。リチャード・シェパード監督、リチャード・ギア、テレンス・ハワード出演。
「Amazon.com
In the tradition of The Three Kings, The Hunting Party takes a satiric look at post-war opportunists. In this case, washed-up foreign correspondent Simon (Richard Gere, last seen in The Hoax) teams up with hotshot cameraman Duck (Terrence Howard, fresh off The Brave One), and rookie reporter Benjamin (Jesse Eisenberg, The Squid and the Whale) to catch a war criminal. Like an all-male A Star Is Born, Hunt and Duck enjoyed a successful partnership before the horrors of Bosnia reduced the former to self-parody (he suffered a breakdown). By chance, they meet up again in Sarajevo five years later. This time, Duck is joined by Benjamin, a recent Harvard grad eager for action. Hunt convinces them to help him track down "The Fox" (Ljubomir Kerekes), so named for his love of small-game hunting. It isn't just the thrill of the chase that fuels their mission... but the $5 million bounty. Naturally, things go terribly awry. Based on the Esquire article "What I Did on My Summer Vacation," The Hunting Party was written and directed by The Matador's Richard Shepard. As he makes clear in the opening title, the parts that seem the most preposterous hue closest to the facts. At the end, another title sequence clarifies the distinction (Diane Kruger's informant, for instance, was actually a man). If the film is rarely as funny as intended, it's worth a look for the charismatic turns by Howard and Gere. Eisenberg and James Brolin, as an acerbic anchorman, provide quick-witted support. --Kathleen C. Fennessy

Video Description
Inspired by true events, The Hunting Party stars Richard Gere and Terrence Howard as vacationing journalists who try to track down a missing war criminal in one of Eastern Europe's deadliest regions. What begins as an impulsive reporting adventure immediately turns dangerous, as hostile locals, shady underworld figures and a case of mistaken identity puts them squarely in their target's crosshairs. Amid the bullets and bombs, they discover that getting the scoop is one thing getting out alive is something else entirely.
(Amazon.co.jp)」

・「What I Did on My Summer Vacation」 映画の原案となったEsquireの記事
http://www.esquire.com/features/summer-vaction-1000


[関連コラム]
その頃有名なあの人は・・・「あの人の63歳」
 
ラベル:@63
posted by saiz at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 年齢イベントの歳s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。