歳s[saiz]_WOMEN 〜女の○○歳 | INTERIOR ANGLES 〜インテリアの殿堂 

2008年06月24日

44歳で自分を売った男の顛末



44歳というのは微妙な歳で、もちろん若くはないが、かといって枯れきっているわけでもない。
リスタートするのは大変なことだが、かといって「もう終わり」と諦めるには生臭すぎる。
自分の家と、自分の仕事を引き継ぐ権利を合わせて6600万円(これは落札価格なのか途中経過なのかは不明)。
離婚を機に、ちょっとやけくそ半分で自分の「人生」をオークションに出したみたいだけど、家の価格が4300万円というから今の時点で彼の「人生」は2300万円。
これが安いのか高いのか。
 

[関連コラム]
「44歳で自分を売った男の顛末 続報」
「44歳で自分を売った男の顛末 続報2」
その頃有名なあの人は・・・「あの人の44歳」
○歳になったら読む!・・・「44歳に読む本」
ラベル:@44
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。